【報告】いわてS-1スイーツフェア2018

【 イベント開催報告 】

2018年2月24日(土)25日(日)、

盛岡市タカヤアリーナで行われた いわてS-1スイーツフェア2018に、

葛巻町の事業者の出店と葛巻高校郷土芸能部の出演が行われました。

 

 

いわてS-1

2018

2月24日(土)・25日(日)、

盛岡市タカヤアリーナにて いわてS-1スイーツフェア2018 が開催されます。

いわてのスイーツが大集合!今年も葛巻町が出店致します。

 

◎ 葛巻町( くずまき高原牧場 / 盛岡カレッジオブビジネス )

◎ 吉澤菓子店

◎ 町のアイドル ミルンちゃん

◎ 葛巻高校 郷土芸能部 on STAGE【 25日(日)・10:50~ 】

詳しくはこちら(公式サイト)

大人からお子様まで、丸1日楽しめるイベントとなっています。

お誘いあわせの上、お越しくださいませ!

 

くずまきワイン 2月のイベントと新酒のご案内

くずまきワイン 2月のイベントと新酒のご案内

間もなく立春を迎えるこの頃。

葛巻は寒さが一層増してきております。

2月はくずまきワインファンにとって、旬な話題がいっぱいです。

ここでご紹介させていただきます。

※ 詳細は くずまきワイン公式HP公式フェイスブックページ をご覧ください。

 

新春ワインのご案内

さくらワイン

2月4日(日)発売予定。

ほのかなさくらの香りと、いきいきとした酸味の高品質なロゼワイン。

天然さくら酵母を使用した、世界初のワインです。

 

蒼(あお)

2月下旬 発売予定。

山ぶどう交配種「小公子」を使用した、辛口の本格派赤ワイン。

ドライフルーツのような香りと、ヤマブドウの野性味ある味わい。

辰巳琢郎さんが命名されたことで有名な逸品。

 

※ くずまきワイン取扱店、公式ネットショッピングサイト よりお買い求めいただけます。

 

くずまきワインイベントのご案内

第29回 高原の夕べ 森のワインパーティ

2月2日(金) 開宴18:30~

JA新いわて葛巻支所 モウモウ館

会費 お一人様 3,500円

 

第15回 くずまきワインパーティ in 八戸

2月13日(火) 開宴18:30~

八戸パークホテル

会費 お一人様 5,000円

 

第10回 くずまきワインパーティ in 陸前高田

2月24日(土) 開宴18:30~

陸前高田キャピタルホテル1000

会費 お一人様 4,000円

 

くずまきワインパーティ in 十和田(予定)

2月28日(水)

十和田富士屋ホテル 富士屋クランドホール

※情報が公開されましたら、随時お知らせいたします。

 

※ お問い合わせ・お申込みは、 くずまきワイン公式HP公式フェイスブックページ をご覧頂くか、
  株式会社岩手くずまきワイン( TEL 0195-66-3111 )へご連絡ください。

【報告】MOWっと!KUZUMAKI フェア in 仙台『 EKITUZI 』

イベント開催報告

1月28日(日)、JR仙台駅東口『EKITUZI』にて、

MOWっと!KUZUMAKIフェアを開催致しました。

くずまき型新産業創出プロジェクトとして新たに開発が進んでいる、

焼きチーズがんづきワインバスソルト のテストマーケティングも併せて行われ、

500人を超える参加者に対し、葛巻町のプロモーション活動を行うことができました。

 

 

MOWっと!KUZUMAKIフェア

 

東北最大の都市、仙台。

その仙台駅東口すぐにある「EKITUZI」と葛巻町とのコラボ企画を開催します。

1月20日(土)~1月28日(日)は葛巻WEEKとして1週間、

常設店舗にて特産品を使ったオリジナルメニューのご提供を行います。

 

また1月28日(日)は葛巻DAYとして1日、同会場にて各種イベントを開催します。

○ ワインバスソルトづくり体験

○ 新特産品試食コーナー

○ 葛巻高校ガールズ&ミルンちゃん on STAGE

など、無料でご参加いただけるコンテンツもございます他、

KUZUMAKI WINE & CHEESE SHOP にてとっておきの逸品をお買い求めいただけます。

EKITUZIとは…

 新たに生まれ変わった仙台駅東口において、

 食と遊びで未来を志向する実験広場「EKITUZI (えきつじ)」 が期間限定で開業します。

​ ポップアップスペースやイベント広場・飲食店舗を備えたこの場所では、

 周辺のまちづくりとも連携しながら、辻を通じたさまざまな出会い・化学反応が起きていきます。

 

【タカナシ乳業】愛情製法牛乳【低温殺菌牛乳】

首都圏を中心に販売されている タカナシ乳業株式会社 の『低温殺菌牛乳』。

実はこの製品、葛巻町で製造しているのをご存知でしょうか。

葛巻町には、タカナシ乳業株式会社の岩手工場があります。

酪農のまち、葛巻の町内で集められた生乳を、この工場で仕上げています。

 

 

私たちが飲んでいる牛乳は、様々な殺菌方法で製造されています。

国内で製造されている牛乳の多くが、

120℃~150℃で1~3秒で殺菌される「超高温殺菌」という殺菌方法で作られています。

一方で、タカナシ低温殺菌牛乳は、この葛巻町の生乳を『低温殺菌』で製造しています。

これは66℃・30分間の殺菌により作られた牛乳です。ゆっくりと殺菌することで、

生乳のような風味ですっきりしたのどごし、ほんのり甘みすら感じる事ができます。

生乳本来のおいしさを大切にした、自然の甘みが感じられる産地パックの牛乳です。

 

2017年の10月から『低温殺菌牛乳』には、

パッケージの側面に、この牛乳がどんな場所で作られているのかを伝えています。

葛巻の町のこと、自然のこと、グルメのこと。

全6回掲載予定です。お楽しみに!

タカナシ乳業については→ http://www.takanashi-milk.co.jp/