くずまき型地域おこし協力隊募集中!!

\くずまき型地域おこし協力隊募集中/

くずまきデスティネーションプロジェクト始動!

葛巻町では若い世代にとって魅力ある雇用を町ぐるみで創出し、人口減少に歯止めをかけるため、観光を軸としたまちづくりを推進する「くずまき型DMO」の構築を進めています。
本格的に推進していくため、『くずまきデスティネーションプロジェクトチーム (くずまき型地域おこし協力隊) 』として、くずまき型DMOの一翼を担うメンバーを募集します。

情報発信部「ばず部」とは?

若者・高校生検討部会では、町内在住の若者とくずまき高校生が主体となり、Webを活用した情報発信を行っています。
その手法「バズマーケティング」の一部として、葛巻高校に「情報発信部」通称「ばず部」を2016年9月に誕生、まちの若者と高校生が一体となってまちの魅力を発信していきます。

ばず部では主に、「くずまき山村留学」についてのPRを通じ、葛巻町の魅力や各種情報を、県内外の中学生やその保護者の方々に伝えるための手法を検討しています。

 

「ばず」:葛巻町の方言(訛り)で、「蜂」=はち→ばち→「ばず」から来ています。

 

 

具体的には、くずまき山村留学PR動画制作のための一連の過程をSNSやブログで発信し、成果物として動画をYoutubeにアップするまでの活動を行います。

動画制作に関しては、プロの編集で仕上げます。

【エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展~】出展しました

3日間を通して16万人超が来場する日本最大級の環境展示会、エコプロ

2016年12月8日〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたこちらのイベントに、葛巻町、くずまきワイン、くずまき高原牧場が出展しました。

東京ビッグサイト

出展したのは、「グリーンストアーズ」のコーナー。エコグッズやオーガニック食品、フェアトレード雑貨など身近なエコプロダクツの販売エリアです。

グリーンストアーズを企画・運営するのは、「NPO法人ビーグッドカフェ」。11月に葛巻町で専門家講演会・ワークショップを行った、シキタ純さんが代表理事を務めていることもあり、イベント出展成功のため、ブースの設営や運営マニュアルなど、きめ細かいアドバイスをいただきました。


葛巻いらっしゃいくずまきパネル中面01町産品のPR・葛巻町の情報発信を効果的に行うため、小さくても目立つブースを設営するために、制作したのがこちらのパネル。

 

葛巻町の風車と牧草地が広がる絶景写真のパネルです。


ブースでは、葛巻町の特産品であるくずまき高原牧場の乳製品とワインに関するアンケートも実施。アンケートにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

くずまきアイデアソン@東京・上野、開催しました!

11月6日、くずまきアイデアソン@東京にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

葛巻町で開催したアイデアソンの成果を持ち込み、首都圏在住の各分野の専門家の知見と、葛巻町の思いを掛けあわせ、葛巻町の観光と物産の魅力倍増を目指してさらにアイデア創出するという、二重、三重のブラッシュアップ。絶妙なターゲット設定や、また参加したくなる仕掛けづくりなど、4グループの発表に、思わず唸ったり笑ったり。

休憩時間は、くずまきワインやくずまき高原牧場チーズを試飲試食しつつ、あっという間の4時間でした。

今回のアイデアをもとに、再び葛巻町で企画を練り、いよいよ具体化に向けて走り出します。

 

アイデアを出し尽くした後は、お楽しみの交流会。今回は、葛巻町のシェフと東京のシェフのコラボが実現し、葛巻町、そして岩手県の食材をふんだんに盛り込んだ、くずまきフルコースでした。

地域食材のポテンシャルを生かし、驚きと感動に変えたメニューの数々…それは、葛巻町の観光や物産をブラッシュアップしていこうとするこのアイデアソンの姿と重なり、大きな勇気を与えてくれるようでした。

すべてくずまき、そしていわての食材。

素晴らしかった!

葛巻産品を使った東京シェフとのコラボメニュー